1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

祝い!ゴーストハント文庫本化!

ゴーストハントリライト版、文庫化!
一昨年の12月から小野先生ラッシュで夢の中に居るようです

【怪と幽】様の企画ゴーストハントの人気投票に参加しました。
https://questant.jp/q/I2SR7VUW

3人しか選べないもどかしさに耐えつつ、、
麻衣とぼーさんとあえて倉橋さんに一票です。

私の冗祐のような存在であり、ナルマニアの下の姉の泉さんも今回の投票には意気込んでいましたが、3票ともナルに入れそうな予感です

彼女は聖地巡礼という言葉も無い時代に、ナルの故郷でナルの誕生日を2回も祝うという兵であります。ナルの故郷については最大重要機密の1つなのでここでは控えます。

投票するに当たって倉橋さんの事を調べ始めたら、
今更に色々気づいたこともあり、鼻血が出そうになりました。

東亰異聞とつながってるかもと姉が考察してましたが、
さらに追求してみたら妄想が止まりません(><)
小野先生の仕掛けが色々なところにあって、宝探しをしているようです

ゴーストハントを読み始めると、少女時代の恐怖とワクワクと胸熱が走馬灯のようにぐるぐるします
初めて読んだ時は麻衣が年上でした。今は麻衣と娘が同い年になりました。

もう何度も読んでいるし、お化けがどうのこうのという年でもないのに、
言葉や描写に震え、散りばめられたミスリードや伏線にドキドキしながら、
真夜中に1人で読むと怖さが倍増します

全てがネタバレ?
ホラーの怖さはもちろんの事、感想を書くが怖いゴーストハント。

個人的には、小説→漫画→アニメと見るのをお勧めします。

続いて、

屍鬼→鬼談百景→残穢→漫画や映画などなど

後は、各地に読み手の心をくすぐる発見が散りばめられている気がします。

そして、今回発売された文庫版の「解説」も本当にステキでした
的確に解かり易く、ここを言って欲しかった!

という内容で、ホントに心に深く染み渡るほどにステキで、涙と鼻水の嵐でした

文庫の帯には全プレ応募券がありましたが、
今も旦那の目をかいくぐって何冊買おうか迷っています
旦那はすでに諦めてるのできっと大丈夫

来年の6月まで応募できない事と、
何がもらえるのか解からないのが気になってしょうがないですが。。(^_^;

小野不由美先生ありがとうございますと日々感謝しながら過ごしたいと思います
そんな令和2年の梅雨の週末でした

0